専業主婦がローンを利用する場合について

同じ会社の場合でも、パソコンやスマホを介したネットキャッシングのみ、無利息でOKのキャッシングで融資可能としているケースも少なくないので、利用を検討しているとか比較の際には、キャンペーンの対象となる申込の方法とか手順に関することにも確実に確認することが大切なんです。

必須となっているキャッシングの際の事前審査では、1年間の収入がいくらかとか、勤務している年数の長さなどを特に注目しているわけです。これまでにキャッシングした際に返済しなかった、遅れたなどすべての実績が、どのキャッシング会社であっても完全にばれている場合があるのです。

どうしてもカードローンを利用するのであれば、どうしても必要な金額だけにしておいて、なるべく直ぐに全ての返済を終えるようにすることを忘れないでください。お手軽に利用できますがカードローンも間違いなく借り入れの一種ですから、返すことができないなんてことにならないように効率的に利用しなければいけません。

あまり間を空けずに、複数の金融機関やカードローン会社、キャッシング会社に、新規キャッシングの申込を行った人は、困り果てて資金調達に走り回っているかのような、悪いイメージを与え、結局事前に行われる審査で不利な扱いをされる可能性が高くなります。

まさかとは思いますがすぐに入金してくれる即日キャッシングの場合は、実際に必須の審査があるとはいうものの申込書類を審査するだけで、申込んできた利用希望者のことを的確に調査や確認をしてから審査で判定できないはずだとか、実際とは異なる認識をお持ちではないでしょうか。

いつの間にかキャッシングでもローンでもないキャッシングローンという、呼び名も登場していますから、すでにキャッシングとカードローンの二つには、深く考える必要がない場合には区別されることが、ほとんど全てにおいて存在しないと言わざるを得ません。

それなりにしっかりとした収入の人は、新規ローンの即日融資がうまくいくのですが、自営業者とかアルバイトの方などだと、融資の審査に時間が必要となることがほとんどで、希望どおりに即日融資をすることができないケースだってあるのです。

たとえ低くても金利を少しも払いたくない!そんな人は、最初の一ヶ月間に限り利息が不要の、ぜひ利用したいスペシャル融資等が利用できる、サラ金とも呼ばれている消費者金融会社の即日融資によって融資してもらうことをはじめにやってみてください。

即日キャッシングとは、実際に日付が変わる前に、キャッシングを申し込んだ額の入金があなたの口座に行われるのですが、事前の審査でパスした場合に同時に、入金されるということにならないところもあるわけです。

インターネット環境が整っていれば、数多くの消費者金融でスピーディーな即日融資によって融資が受けられる、ことがあります。あえてこんな言い回しを使うのは、審査を受ける必要があるので、それに通れば、融資してもらうことができるという意味を伝えたいのです。

何の用意もしていない出費でお金がピンチ!そんなとき、ありがたい即日キャッシング可能な会社と言えば、たくさんの業者の中でも平日14時までのWeb契約をすることで、早ければ申込を行ったその日の即日キャッシングだって可能にしている、プロミスということになるでしょうね。

毎月の返済が遅れるなどを続けていると、その人のキャッシングの実態が下がってしまって、平均よりも高くない金額を貸してもらいたいと思っても、事前の審査をパスできないなんてことが本当に起きているのです。

利用者に人気のポイント制があるカードローンって?⇒融資の実績に応じてポイントを付与し、融資を受けたら必要になるカードローンの規定の支払手数料に、自然にたまっていくポイントを使っていただけるところも少なくないようです。

間違いのない、あやふやになりがちなキャッシング、ローンについての情報を得ることによって、不安や不信感とか、軽はずみな行動が原因となって発生する面倒なもめごとが起きないように注意しましょう。ちゃんと勉強しておかないと、大損しても仕方ないのです。

お手軽に利用できるカードローンを申し込んだ際に行われる事前の審査では、必要としている金額が少額で、仮に20万円だったとしても、事前審査を受けていただいた方の信頼性の高さによって、100万円、あるいは150万円といった数字がご利用上限に希望を大きく超えて定められる場合も多くはないのですが実際にあります。

専業主婦の方で住宅ローンについても知りたいという方がいるかと思います。そういう方は、【専業主婦 住宅ローン】このサイトを見ると詳しく書かれていますよ。

若い頃の出費と今の出費

20代の頃は、勤め出して、自分もお金を得るようになったため、身分不相応となり、かなり背伸びをして、外国のブランドもののカバンや化粧品が欲しがっていました。シャネルのフェイスブラシ6000円なんてものを化粧品のスタッフから勧められるまま、(騙されるまま)買ったりしていました。
そして、季節ごとに伊勢丹のバーゲンに行って、靴やスカート、ブラウスなど着るもの、履くものにとてもお金をかけていたので、お金に困っていたような気がします。

そして、ひとから誘われるまま、よく飲みにも行っていました。
アラフォーになった今は、そんなブランドものを買ったり、背伸びをしたものを買ったりはしていませんが、なぜか若い時よりお金がなく、よくお金に困っています。
若い時に購入して、もう似合わなくなってしまったブランド物を売ったりもしています。
下記サイトで知ったリンカンさんだったら高く買取ってもらえましたよ~

☆参考サイト・・・サングラス買取※グッチ・レイバン等ブランド物を高く買い取りしてもらう

それとおそらく、今は、交際費、生活費にお金がかかっているのだと思います。
若いときには、行かなかったような飲食店でランチするようになりましたし、ひとを誘ったら、そのひとの分はこちらでお支払してよくご馳走しているからです。美味しいものを家族や友人たちと一緒に食べる楽しみを知ってしまったので、目に見えないお金が飛んでいっています。交際費は確実に若いときより、選ぶお店などがグレードアップしているのだと思います。一度知ってしまうと、ランクは下げられず。自分が作るような料理を出すお店はまず選ばないので、普段食べれないような、自分がつくれないような、美味しい料理を出すお店に行くことは当たり前なので。

あと、若い時より、親兄弟など、家族に対してよくお金を出すようになっています。素敵だな、似合いそうだな、と思う洋服やカバンを買っていったり、家族で旅行へ行くときに宿泊費を出したりしています。

そして、絶対的に思うのは、税金が昔より高くなった!消費税が5%から、8%になってから、かなり逼迫するようになりました。。。
お金に困るときは、いろんなものをやりくりしたり、アンケートに答えてポイントを貯めたり(ポイントが貯まると、商品券などに替えられる)
最後の手段は、カードのキャッシングです。働いているので、お金は回る…と信じて、先駆けてお借りしていますが、確実に穴が空いていって、キャッシングで借りた分が、どんどん増えて行っている今日この頃です。どうしましょう。

闇金には気を付けて

まとまったお金が必要なのに、貯金もない。。。どうしよう・・って困ったことがある方も多いと思います。

そのような時、どうやってお金を工面しようかとなると思うのですが、銀行で借りる、親に借りる、友人に借りる、消費者金融で借りる、諦めるなど方法を探すと出てきますよね。

その中で、一番誰にも迷惑を掛けずにできるのが、私的には銀行と消費者金融だと思っています。

銀行で借りる場合、即日融資はほぼ無理なので、すぐにお金が必要な時は、消費者金融を利用しますね。

消費者金融といっても、安全であるのか、闇金融ではないのかなど、間違っても闇金融で借りることなんてしてはならないので注意が必要なんです。

安全に貸し入れのできる金融業者紹介・・・http://www.sansu-ict.jp/

闇金融とは、貸金業をいとたむためには、国や都道府県に貸金業としての登録をしなければならないのですが、その登録を行っていなかったり、違法な金利を取る業者のことをいいます。

闇金融の中には、正式に貸金業の登録ししていながら高金利を取る業者もあるので、簡単に信用してはいけないのです。

その他にも、人権を無視したような取り立てを行い、金銭面でも精神面でも追い込んできます。

【トイチ】
こちらの闇金業者の多くの登録方法は「都(1)・・」というのを持っています。
「10日ごとに1割の高金利を取る」というところから、「トイチ」と呼ばれるようになりました。
実際には、業者ごとには金利が固定されていないので、10日で2割であれば「トニ」、3割であれば「トサン」というふうになります。
借金等の返済で困っている債務者なんかをターゲットに1週間~10日で1~10割の利息を取っていきます。

【090金融】
携帯番号と架空の業者名しか名乗っていない金融業者です。
一切素性は明かさないで、違法な高金利を取る業者です。
店舗は持っていなくて、ファミレスや喫茶店などで契約を交わすそうです。
電柱や公園の公衆トイレ、ガードレールにチラシを貼って勧誘しています。

【紹介屋】
借り入れのできない破産者などをターゲットにして、貸し出しをしてくれる業者を紹介したり、提供したりする業者です。
紹介料として、借入金額の1割から3割程度をとります。
ですが、実際に紹介屋と貸出をする業者は裏で繋がっていて、紹介料を取られた上で、高金利の支払いに追われてしまいます。
適当な金融会社の名前を言われて終わりだそうです。

上記以外にもたくさんの闇金融が存在しています。

聞いたことのない名前の金融業者はもちろん、少しでも怪しいと思ったところは利用しないでくださいね。

本当にこの金融業者は安全なのかどうか、一度調べてからの利用をオススメします。

 

信用情報機関

信用情報機関の役割は、個人の信用情報の収集と管理をしています。収集と管理をされているのは、本人の属性やクレジットカード・キャッシングの契約状況、借り入れ・返済などの取引状況などです。
毎月の返済状況だけでなく、延滞情報や債務整理の情報も管理しているそうです。

照会をかけてきた加盟会員である貸金業者やクレジットカード会社や信販会社に対して登録されている情報の提供を行っているのです。

信用情報機関に登録されているのはブラックリストに載っている人だけではないのです。

クレジットカードやキャッシングやカードローンなどそのほかの商品をローンで購入していたり・・とその申し込みをした段階でカード会社などから信用情報機関へ情報が送られるので登録されることになります。

その時にすでに登録されている申し込んでいる人の情報提供を受けて審査を行い、結果を出しているそうです。

ですから、登録されるのが嫌だから登録しないでというのは無理なことなのです。

カードや消費者金融でのキャッシングの申込書の裏には小さな文字で利用規約というのが書かれていますね。そこにはきちんと「加盟する信用情報機関および当確信用情報を提携する信用情報機関に提供して利用することを承認します。と書かれているので、カードなどを利用する場合は必ず登録されることになるのです。
登録されるのが嫌という場合は現金払いのみの生活を送り続ける以外はないのです。

自分の信用情報を確認するためには、開示窓口まで行ったり、郵送での開示請求、ネットでの開示請求することができます。

日本信用情報機構とシーアイシーでは窓口での情報開示も行っているそうです。が、全国銀行個人信用情報センターは現在は郵送のみです。

郵送での開示請求はどの信用情報機関でも行っているみたいですね。

本人以外の人が開示請求できるのか、開示請求をすることもできますが、誰の信用情報でも自由に開示ができるというわけではないです。

私は車検代が思った以上に高かったときに、アルバイト生活をしている私でも借りれる金融でお金を借りたことがあります。

こちら

なので私の場合は信用情報機関に載っていますね。

 

 

ビジネクスト

ビジネクストとは、金融機関から比較的簡単にビジネスローンを組むことができる商品の中の老舗のビジネスローンです。

主に個人事業主、中小企業のサポートを行うスモールビジネス向けのローンとして知られています。(三井住友信託銀行とアイフルの共同出資で設立)
ビジネクストのメリットは、原則として担保不要・保証人も原則不要となっています。法人の場合は代表者が連帯保証となります。

法人、または個人事業主が融資を受けようとする場合、保証人や担保が必要となる場合が多いと思うのですが、その用意にはある程度の日数が掛かりますよね。
そういった時に、早急に資金調達をしたい場合には保証人も単費も不要なビジネスローンが便利なのです。

申し込みから融資までの流れは、ビジネクストホームページから申し込みフォームへ必要事項を記入して送信します。そこから仮審査がはじまり、必要書類をビジネクストへ郵送またはファックスで提出をしてその書類に基づいて本審査が行われます。

審査に通ると契約が行われ、融資が可能になります。

融資の使い道は、事業資金の範囲内で資金用途は自由となっています。

ちなみに、ビジネクスト以外での事業資金の融資を受けれるところにはこういったところがあります。

参考・・・事業者ローン|個人事業主・自営業者でも借りれるローン会社

一般的には創業資金、事業拡大の為の資金、一時的なつなぎ資金などに利用される場合が多いようです。急な取引停止や取引先の東讃など、突発的にまとまった資金が必要となる事態にも早急に対応することができます。

審査から融資までは3営業日くらいですね。最大の融資額の大きさを考えると3営業日以内に対応してもらえるのはとても嬉しいことです。

ビジネクストの商品は事業性融資のため、総量規制対象外となりますので、個人の借入額が年収の3分の1を越えない様に制限されています。

ビジネクストのカードローンであれば、提携ATMを使用して借り入れ・返済ができるので気軽に利用できるようになっていますよ。

希望借り入れ額や返済回数、利率を記入するだけで毎月の利息額やシュミレージョンのできるサービスもあるので利用を検討している場合は申し込み前に利用してみるといいと思います。

カードローンの返済期限である5年を過ぎた場合は、再審査が必要となりますが、契約を更新することができるので安心してください。

借りに更新ができない場合でも、分割での返済が可能です。

デメリットには、ローンの種類が豊富なのはいいのですが、ローンごとに融資限度額や準備しなくてはならない書類、返済補法などに違いがあるため少し複雑です。

不動産担保ローンの返済となると返済年数の指定ができません。希望金額や年齢などを考慮したうえでビジネクストが返済変数を決定するのです。

余裕ができればすぐに完済したいところなのですが、商品によっては利率20.0%の早期返済違約金というのが発生する場合があります。

 

 

保証人とは

保証人とは、民法では保証債務を負う人のことを言います。

保証人が必要となることには、婚姻時・賃貸住宅を借りる場合・入院する時・お金を借りる時などに求められます。

その中のお金を借りるときの保証人について書いてみようと思います。

お金を借りるときの保証人は担保の一種で「人的担保」と呼ばれています。具体的に言いますと、万が一一債務者が債務を覆行できない場合は、その覆行を債務者に代わって行います。

簡単に説明すると、〇さんが銀行から100万円を借りて、△さんが保証人になったとします。なんらかの理由で〇さんが借金返済をできなくなった場合、銀行側は△さんに対して返済するように求めてくるのです。保証人になった以上△さんは返済をしなければならない義務があります。

上記のように、保証人になるということは、保証人というのはお金を借りた人と同じ義務を負うということになるということなのです。

なので、保証人には簡単になるものではない!!と私は両親によく言われていました。いくら信用のできる相手であっても特に他人の保証人にはなるなと。。保証人をお願いする立場になった時も、サインひとつで自分と同じ責任を負わせてしまう為お願いするのは難しいですよね。

保証人には、通常の保証人と連帯保証人というのがあります。どちらも保証人なので債務者と同じ責任を負うというところでは同じなのですが、簡単に言うと連帯保証人の方が責任が重たくなっています。

保証人は債務者がどうしても返済できないときにだけ肩代わりをして返済するというものですが、連帯保証人は債務者と同様の義務を負う者ということで責任が重たいのです。

保証人や連帯保証人になってほしいと頼まれたとき、「この人は信用できるから大丈夫」とか「家族だから」とか助けてあげたいという気持ちは十分に分かりますが、世の中絶対に大丈夫っていうことはないというのを忘れてはいけません。保証人になったせいで、自分の人生が台無しになったっていう人も多くいます。

なので、借金の保証人になるということは「自分が借金をすること」と同じだと思ってサインやハンコを押さなければならないのです。

自分が保証人や連帯保証人をお願いしなければならない場合にはお願いする相手に対して誠心誠意に向き合わないといけません。

基本的には断られることを前提にお願いしましょう。自分がお願いされる立場になってみるとよく分かると思います。

どうしても急ぎでお金を借りる必要がある場合、保証人をお願いする時間がない・保証人になってもらえる人がいないっていう場合、保証人なしでお金を貸してもらえる金融業者もあります。

参照:http://xn--t8ji3pe7a4051bqpxanb7f.com/

 

 

税金の支払いで困ってしまいました。

お金もないのに家を購入した時のことです。
家を買うと、固定資産税のほかに固定資産取得税というのがとられるのですが、その取得税を完全に忘れていたので困ってしまいました。
しかも、固定資産取得税の納付書がきたのはマンションを買ってから1年以上してからでした。完全に忘れていました。
普通の税金はお給料から天引きしてもらえるのでいいのですが、自動車税や固定資産税は自分の中で払うようにカウントされていました。
わたしはお金を使えるところぎりぎりまで使うという悪い癖があります。
なので、まだ使えると思い使っていたのですが、不動産取得税がきたときびっくりしてしまいました。
そう言う言えば払ってないなと思いました。
でも、入居して1年以上たっていたのですっかり忘れてしまっていたのです。
大慌てでした。
貯金はちゃんとしているのですが、使ってしまわないように定期預金にしています。
定期預金にしているせいで、ATMなどですぐお金をおろすことができないのです。
すぐさま、銀行に行って定期預金を解約する手続きをとりに行きました。
不動産取得税の納付期限もせまっていたのですごくあせってしまいました。
とりあえず、納付期限に支払うことができたので良かったなと思います。
これからはぎりぎりまでお金を使うのをやめようと思います。
そして、貯金するのはいいと思いますが、ある程度のお金は普通預金にいれておかないと急ぐときにおろせないというのが勉強になりました。
定期預金から少しおろして普通預金にうつしておこうと思います。
そして、そのお金は使わないようにとっておかないといけないなと思います。
とりあえず、いきなり来そうな税金は今のところないとは思うので大丈夫だと思います。
毎月、毎年支払いがないものが突然くるとあせってしまいました。
でも1年以上たって、不動産取得税がくるなんてやめてほしいなと正直思いました。
どうせくるなら、マンションを買った直後に納付書がきてほしいなと思ってしまいました。