信用情報機関

信用情報機関の役割は、個人の信用情報の収集と管理をしています。収集と管理をされているのは、本人の属性やクレジットカード・キャッシングの契約状況、借り入れ・返済などの取引状況などです。
毎月の返済状況だけでなく、延滞情報や債務整理の情報も管理しているそうです。

照会をかけてきた加盟会員である貸金業者やクレジットカード会社や信販会社に対して登録されている情報の提供を行っているのです。

信用情報機関に登録されているのはブラックリストに載っている人だけではないのです。

クレジットカードやキャッシングやカードローンなどそのほかの商品をローンで購入していたり・・とその申し込みをした段階でカード会社などから信用情報機関へ情報が送られるので登録されることになります。

その時にすでに登録されている申し込んでいる人の情報提供を受けて審査を行い、結果を出しているそうです。

ですから、登録されるのが嫌だから登録しないでというのは無理なことなのです。

カードや消費者金融でのキャッシングの申込書の裏には小さな文字で利用規約というのが書かれていますね。そこにはきちんと「加盟する信用情報機関および当確信用情報を提携する信用情報機関に提供して利用することを承認します。と書かれているので、カードなどを利用する場合は必ず登録されることになるのです。
登録されるのが嫌という場合は現金払いのみの生活を送り続ける以外はないのです。

自分の信用情報を確認するためには、開示窓口まで行ったり、郵送での開示請求、ネットでの開示請求することができます。

日本信用情報機構とシーアイシーでは窓口での情報開示も行っているそうです。が、全国銀行個人信用情報センターは現在は郵送のみです。

郵送での開示請求はどの信用情報機関でも行っているみたいですね。

本人以外の人が開示請求できるのか、開示請求をすることもできますが、誰の信用情報でも自由に開示ができるというわけではないです。

私は車検代が思った以上に高かったときに、アルバイト生活をしている私でも借りれる金融でお金を借りたことがあります。

こちら

なので私の場合は信用情報機関に載っていますね。

 

 

ビジネクスト

ビジネクストとは、金融機関から比較的簡単にビジネスローンを組むことができる商品の中の老舗のビジネスローンです。

主に個人事業主、中小企業のサポートを行うスモールビジネス向けのローンとして知られています。(三井住友信託銀行とアイフルの共同出資で設立)
ビジネクストのメリットは、原則として担保不要・保証人も原則不要となっています。法人の場合は代表者が連帯保証となります。

法人、または個人事業主が融資を受けようとする場合、保証人や担保が必要となる場合が多いと思うのですが、その用意にはある程度の日数が掛かりますよね。
そういった時に、早急に資金調達をしたい場合には保証人も単費も不要なビジネスローンが便利なのです。

申し込みから融資までの流れは、ビジネクストホームページから申し込みフォームへ必要事項を記入して送信します。そこから仮審査がはじまり、必要書類をビジネクストへ郵送またはファックスで提出をしてその書類に基づいて本審査が行われます。

審査に通ると契約が行われ、融資が可能になります。

融資の使い道は、事業資金の範囲内で資金用途は自由となっています。

ちなみに、ビジネクスト以外での事業資金の融資を受けれるところにはこういったところがあります。

参考・・・事業者ローン|個人事業主・自営業者でも借りれるローン会社

一般的には創業資金、事業拡大の為の資金、一時的なつなぎ資金などに利用される場合が多いようです。急な取引停止や取引先の東讃など、突発的にまとまった資金が必要となる事態にも早急に対応することができます。

審査から融資までは3営業日くらいですね。最大の融資額の大きさを考えると3営業日以内に対応してもらえるのはとても嬉しいことです。

ビジネクストの商品は事業性融資のため、総量規制対象外となりますので、個人の借入額が年収の3分の1を越えない様に制限されています。

ビジネクストのカードローンであれば、提携ATMを使用して借り入れ・返済ができるので気軽に利用できるようになっていますよ。

希望借り入れ額や返済回数、利率を記入するだけで毎月の利息額やシュミレージョンのできるサービスもあるので利用を検討している場合は申し込み前に利用してみるといいと思います。

カードローンの返済期限である5年を過ぎた場合は、再審査が必要となりますが、契約を更新することができるので安心してください。

借りに更新ができない場合でも、分割での返済が可能です。

デメリットには、ローンの種類が豊富なのはいいのですが、ローンごとに融資限度額や準備しなくてはならない書類、返済補法などに違いがあるため少し複雑です。

不動産担保ローンの返済となると返済年数の指定ができません。希望金額や年齢などを考慮したうえでビジネクストが返済変数を決定するのです。

余裕ができればすぐに完済したいところなのですが、商品によっては利率20.0%の早期返済違約金というのが発生する場合があります。

 

 

保証人とは

保証人とは、民法では保証債務を負う人のことを言います。

保証人が必要となることには、婚姻時・賃貸住宅を借りる場合・入院する時・お金を借りる時などに求められます。

その中のお金を借りるときの保証人について書いてみようと思います。

お金を借りるときの保証人は担保の一種で「人的担保」と呼ばれています。具体的に言いますと、万が一一債務者が債務を覆行できない場合は、その覆行を債務者に代わって行います。

簡単に説明すると、〇さんが銀行から100万円を借りて、△さんが保証人になったとします。なんらかの理由で〇さんが借金返済をできなくなった場合、銀行側は△さんに対して返済するように求めてくるのです。保証人になった以上△さんは返済をしなければならない義務があります。

上記のように、保証人になるということは、保証人というのはお金を借りた人と同じ義務を負うということになるということなのです。

なので、保証人には簡単になるものではない!!と私は両親によく言われていました。いくら信用のできる相手であっても特に他人の保証人にはなるなと。。保証人をお願いする立場になった時も、サインひとつで自分と同じ責任を負わせてしまう為お願いするのは難しいですよね。

保証人には、通常の保証人と連帯保証人というのがあります。どちらも保証人なので債務者と同じ責任を負うというところでは同じなのですが、簡単に言うと連帯保証人の方が責任が重たくなっています。

保証人は債務者がどうしても返済できないときにだけ肩代わりをして返済するというものですが、連帯保証人は債務者と同様の義務を負う者ということで責任が重たいのです。

保証人や連帯保証人になってほしいと頼まれたとき、「この人は信用できるから大丈夫」とか「家族だから」とか助けてあげたいという気持ちは十分に分かりますが、世の中絶対に大丈夫っていうことはないというのを忘れてはいけません。保証人になったせいで、自分の人生が台無しになったっていう人も多くいます。

なので、借金の保証人になるということは「自分が借金をすること」と同じだと思ってサインやハンコを押さなければならないのです。

自分が保証人や連帯保証人をお願いしなければならない場合にはお願いする相手に対して誠心誠意に向き合わないといけません。

基本的には断られることを前提にお願いしましょう。自分がお願いされる立場になってみるとよく分かると思います。

どうしても急ぎでお金を借りる必要がある場合、保証人をお願いする時間がない・保証人になってもらえる人がいないっていう場合、保証人なしでお金を貸してもらえる金融業者もあります。

参照:http://xn--t8ji3pe7a4051bqpxanb7f.com/