ビジネクスト

ビジネクストとは、金融機関から比較的簡単にビジネスローンを組むことができる商品の中の老舗のビジネスローンです。

主に個人事業主、中小企業のサポートを行うスモールビジネス向けのローンとして知られています。(三井住友信託銀行とアイフルの共同出資で設立)
ビジネクストのメリットは、原則として担保不要・保証人も原則不要となっています。法人の場合は代表者が連帯保証となります。

法人、または個人事業主が融資を受けようとする場合、保証人や担保が必要となる場合が多いと思うのですが、その用意にはある程度の日数が掛かりますよね。
そういった時に、早急に資金調達をしたい場合には保証人も単費も不要なビジネスローンが便利なのです。

申し込みから融資までの流れは、ビジネクストホームページから申し込みフォームへ必要事項を記入して送信します。そこから仮審査がはじまり、必要書類をビジネクストへ郵送またはファックスで提出をしてその書類に基づいて本審査が行われます。

審査に通ると契約が行われ、融資が可能になります。

融資の使い道は、事業資金の範囲内で資金用途は自由となっています。

ちなみに、ビジネクスト以外での事業資金の融資を受けれるところにはこういったところがあります。

参考・・・事業者ローン|個人事業主・自営業者でも借りれるローン会社

一般的には創業資金、事業拡大の為の資金、一時的なつなぎ資金などに利用される場合が多いようです。急な取引停止や取引先の東讃など、突発的にまとまった資金が必要となる事態にも早急に対応することができます。

審査から融資までは3営業日くらいですね。最大の融資額の大きさを考えると3営業日以内に対応してもらえるのはとても嬉しいことです。

ビジネクストの商品は事業性融資のため、総量規制対象外となりますので、個人の借入額が年収の3分の1を越えない様に制限されています。

ビジネクストのカードローンであれば、提携ATMを使用して借り入れ・返済ができるので気軽に利用できるようになっていますよ。

希望借り入れ額や返済回数、利率を記入するだけで毎月の利息額やシュミレージョンのできるサービスもあるので利用を検討している場合は申し込み前に利用してみるといいと思います。

カードローンの返済期限である5年を過ぎた場合は、再審査が必要となりますが、契約を更新することができるので安心してください。

借りに更新ができない場合でも、分割での返済が可能です。

デメリットには、ローンの種類が豊富なのはいいのですが、ローンごとに融資限度額や準備しなくてはならない書類、返済補法などに違いがあるため少し複雑です。

不動産担保ローンの返済となると返済年数の指定ができません。希望金額や年齢などを考慮したうえでビジネクストが返済変数を決定するのです。

余裕ができればすぐに完済したいところなのですが、商品によっては利率20.0%の早期返済違約金というのが発生する場合があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>