信用情報機関

信用情報機関の役割は、個人の信用情報の収集と管理をしています。収集と管理をされているのは、本人の属性やクレジットカード・キャッシングの契約状況、借り入れ・返済などの取引状況などです。
毎月の返済状況だけでなく、延滞情報や債務整理の情報も管理しているそうです。

照会をかけてきた加盟会員である貸金業者やクレジットカード会社や信販会社に対して登録されている情報の提供を行っているのです。

信用情報機関に登録されているのはブラックリストに載っている人だけではないのです。

クレジットカードやキャッシングやカードローンなどそのほかの商品をローンで購入していたり・・とその申し込みをした段階でカード会社などから信用情報機関へ情報が送られるので登録されることになります。

その時にすでに登録されている申し込んでいる人の情報提供を受けて審査を行い、結果を出しているそうです。

ですから、登録されるのが嫌だから登録しないでというのは無理なことなのです。

カードや消費者金融でのキャッシングの申込書の裏には小さな文字で利用規約というのが書かれていますね。そこにはきちんと「加盟する信用情報機関および当確信用情報を提携する信用情報機関に提供して利用することを承認します。と書かれているので、カードなどを利用する場合は必ず登録されることになるのです。
登録されるのが嫌という場合は現金払いのみの生活を送り続ける以外はないのです。

自分の信用情報を確認するためには、開示窓口まで行ったり、郵送での開示請求、ネットでの開示請求することができます。

日本信用情報機構とシーアイシーでは窓口での情報開示も行っているそうです。が、全国銀行個人信用情報センターは現在は郵送のみです。

郵送での開示請求はどの信用情報機関でも行っているみたいですね。

本人以外の人が開示請求できるのか、開示請求をすることもできますが、誰の信用情報でも自由に開示ができるというわけではないです。

私は車検代が思った以上に高かったときに、アルバイト生活をしている私でも借りれる金融でお金を借りたことがあります。

こちら

なので私の場合は信用情報機関に載っていますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>